「妹よ、お互いがんばろうね」 と励ましあった。

実家暮らし

妹は結婚しているのですが、実家の近くに住んでいます。
義弟が中国出張だそうで。
しばらくいないということで、実家暮らしを堪能中です。

妹は、

 

朝起こしてくれるし、起きたら朝食は用意してあるし、準備をしてるとお皿は片付いているし。
朝すごーく余裕があるんだよ。
帰ってきたら、晩御飯も用意してあるし。
ご飯食べて、犬と遊んで、お風呂に入って、寝るだけ。
洗濯も籠にいれておけば、いつのまにか終わってるし。
すごくない!?

なーんて言っていました。

 

実家暮らし

 

いいな、妹。
実家暮らし満喫中じゃん。
幸せ楽ちん生活だね。
なんて思っていました。
父も母も、妹が帰って来て嬉しそうなので。
ま、いっか。
って思うんですけどね。

そんな、妹ですが、ついに義弟が中国から戻ってくる日が迫ってきたんだとか。
楽ちん実家暮らしも終わりに近づいているんだとか。

どうしよう。
戻れるかなー。
楽ちん生活終わっちゃうよー。
やだなー。

なんて言っていました。

がんばれ、って思ったのですが、実は私も同じで。
私の夫は現在療養中、仕事は休職しています。
なので、朝は朝ごはんを作ってくれますし、帰ったら洗濯は終わっていますし、晩御飯も作ってくれてありますし。

妹と同様楽ちん生活をしていた私。
そんな夫も来月から、仕事に復帰。
私の楽しい、主夫のいる生活が終わってしまいます。

妹よ、お互いがんばろうね。
と励ましあったところです。